タマザワの日常

タマザワのリアルな本音を吐き出します

【玉ラジ第4回大多和玲央編パート2】「恐怖による支配は必要ないと思う。」

 

 

 

みなさんこんにちは

 

すっかりご無沙汰になってました!

 

タマザワです。

 

最近は寒かったり、暑かったりと何を着ていけばいいか迷う気候ですよね。

 

僕は薄く羽織れるものを持っていって対応してますが、皆さんはどうしてますか?

 

さて本日は大多和玲央さんをゲストにお迎えした玉ラジパート2をお届けしたいと思います。

 

玲央さんのことを軽く紹介しますと、現在、事業構想大学院大学1年で学生団体IFP横浜支部代表、スタバで働かれております。

 

f:id:tamayuki1007:20170926165037j:plain

※写真は何かをみてニヤける玲央さん…。

 

まだ僕も2回しか会ったことがありませんが、完全に心を掴まれました(笑)

 

今ではとても信頼を寄せております。

 

玲央さん自身についてはパート1の方をお聴きくださればさらに詳しくわかると思います。

 

 

【玉ラジ第4回大多和玲央編パート1】「続けることは良いとされてるけど、ぶっちゃけ無駄に続けても意味はない」 - タマザワの日常

 

今回のパート2では玲央さんが抱く教育に対しての思いを語ってもらいました。

 

外的コントロールはダメ/日本は規則がありすぎる/経済成長してた時代とは違う/新しい価値を生み出せる人が求められている/などなど

 

僕も何回も聞きましたが、その度に脳を刺激させてもらってます(笑)

 

皆さんも楽しんでいただけると幸いです。

 

それでは、どうぞ!!

 

Dropbox - れおさん② 教育について.wav

スマートフォンで聞く場合はドロップボックスアプリのインストールをお願いいたします。ただしアカウントの作成は必要ありません。インストールは1分で完了いたします。

 

お読み頂きありがとうございました!

 

(終)

 

【玉ラジ第4回大多和玲央編パート1】「続けることは良いとされてるけど、ぶっちゃけ無駄に続けても意味はない」

 

 

みなさんこんにちは

 

誕生日のプレゼントは大体ペンとノートをあげるタマザワです。

 

さて本日は、玉ラジ第4回の配信をスタートしたいと思います。(いええええい!)

 

勝手に盛り上がっておりますが、配信の前に軽くゲストの紹介です。

 

今回のゲストは事業構想大学院大学1年、学生団体IFP横浜支部代表、アルバイトはスタバでバリスタをしている大多和玲央(おおたわれお)さんです。(パチパチパチパチ)

 

f:id:tamayuki1007:20170911170931j:plain

※マジでさわやかお兄さん…。本当に彼女いないの!?(個人情報流出

 

僕が元々、上記のIFPという団体に属していたこともあり、その繋がりでゲストとしてお越しいただきました。

 

会うのが2回目でありながら「一人暮らしの家で収録させてくれ」と図々しくお願いする僕の我儘にも丁寧に応えてくれる優しいお兄さんです。

 

ちなみにほぼ無理やり泊まらせてもらいました(笑)

 

今回は初回パートになるのですが(全4回)内容としましては、「大学4年の僕が何故スターバックスに受かったのか」、「就職をした周りの友達を見て思うこと」、「就職を成功させるには」など玲央さんが普段疑問に思っていることを中心に話して貰いました。

 

玲央さんのトークに思わず当たり前を疑ってしまうかも!?

 

それでは、どうぞ!!

Dropbox - れおさん① 自己紹介.wav

スマートフォンで聞く場合はドロップボックスアプリのインストールをお願いいたします。ただしアカウントの作成は必要ありません。インストールは1分で完了いたします。

 

感想どしどしもらえると嬉しいです。

 

読んで下さり、ありがとうございました!!!

 

(終)

 

 

 

ごみ拾いしてご飯食べてきたよ!!

 

 

皆さんこんにちは

 

やっぱり皆で食べる飯は美味い!と思うタマザワです。

 

さて本日はちょっとした感想文を書こうと思います。

 

実は今日、僕が一週間前におもいつきで企画した、「ごみ拾いをして、そのままご飯を食べに行こうというイベント」をやってきました。

 

ご飯の味って、その人の気分で凄い変わるなって思ったのがきっかけです。

 

で、どんな時に美味しいかなって考えたら、何かをやり遂げたときとか、人に良いことをした時が思い浮かんだんですよね…

 

要するに、心がきれいな時に美味しいって感じるなって思ったんです。

 

それで、掃除は心を綺麗にするって聞いたことがあったので、そのまま企画したわけでございます。(適当に企画したわけではないからね!笑)

 

それで心が決まればさっそくFacebookで募集しました。

 

「朝、30分くらいゴミ拾って、みんなで朝食食べにいきましょう!」

 

それできょう開催しました。

 

ただ、さっそくひとつ問題発生。

 

メンバーの一人が大寝坊したため朝ではなくお昼の開催になりました。やれやれ…なにやっとんねん!

 

ただごみ拾いは予想外に楽しかったです。

 

30分を企画してたのですが、10分で袋一杯になりました。

 

f:id:tamayuki1007:20170909141022p:plain

※一杯になってきたごみ袋。レシートにはおでんの文字。お腹すいてきた…。

 

クランベリージュースっていうのもあったかな?レシートに書いてあって、なんか笑ってしまいました。

 

こうやって人って消費活動してんだな~って。(笑)

 

でも中にはごみ袋に入りきらないごみもあったりして、そういうのをみるとちょっと罪悪感。

 

友達の非行を見て見ぬふりするみたいな気持ち(いや大げさだろ)

 

「ひろえなくてごめんね」ってなんかよくわからない心情になりました(笑)

 

f:id:tamayuki1007:20170909141201p:plain

※「拾えなくてごめんね」の現場

 

そしてごみ拾い後は、ご飯を食べに行ったわけでございます。

 

そう、念願のご飯です!

 

待ちに待った絶品ご飯…!!!

 

近くのカフェに入ってアメリカ南部のソウルフードことダーティーライスをいただきました。

 

そしてそこで思ったことがあります。

 

結論、やっぱり食事は皆で食べる時が一番おいしいよね。

 

と唯一の参加者の俺は思ったわけでございました。(え)

 

(終)

 

 追伸

…え、そういうオチなの!?って声が聞こえてくるのですが、残念ながら人が集まらなかったんですよね。(>_<)

 

そして人が僕だけだから、いいよね?と思って二度寝もしました(笑)

 

それで最終的に数えてないけど、10分程度で、小さいゴミを50個くらい拾ったんじゃないかと思います。

 

もし一週間内で1人1つごみを落とすとしたら、日本では一週間で約1億個のごみが道におちることになる。

 

それを綺麗にするとしたら一週間の中でたった10分間、200万人の人がごみ掃除をすれば解決するってことになる。

 

一週間のうちたった10分ごみ拾いするだけで(しかも結構楽しいし!)、絶品の美味しいご飯が食べれるなら、やらない手はなくないか?

 

まあそういう活動を200万に広げようとは思っていないけど、でもこの活動は続けていきたいなって思ってる!

 

ということで、次は誰か一緒にご飯を食べてくださいね!(笑)

 

f:id:tamayuki1007:20170909141401p:plain

※普通に美味しかったけどね!笑

 

f:id:tamayuki1007:20170909142123p:plain

※ごみはちゃんと持ち帰りました。

 

(追伸終)

【玉ラジ第3回和泉大介編パートfinal】「好きなことを見つける時間を持ってみれば?」

 

 

皆さんこんにちは

 

お酒が入るとついつい喋ってしまうタマザワです。

 

さて本日は和泉大介さんをゲストにお迎えした玉ラジ最終回をお届けします。

f:id:tamayuki1007:20170907212409j:image

※アクセス数を狙うために選んだイケメン画像。普通にカッコいいんだが。

 

最終パートの今回のテーマは「どうしたら日々が充実するか」についてです。

 

充実している時間は目標や目的を持っている時が多いという大介さん。

 

では、その目標や目的の正しい設定って?

 

そもそも目標や目的の違いって?

 

今回は、そんな話をしました。

 

ちなみに、今では笑い話ですが、お酒を飲んだ後の収録だったので、"いろいろ"大変でした(笑)

 

このラジオが皆さんの人生の充実に少しでも役立ってくれると嬉しいです。

 

それでは、どうぞ!!

Dropbox - 大介さん③ どうすれば充実するか.wav

スマートフォンで聞く場合はドロップボックスアプリのインストールをお願いいたします。ただしアカウントの作成は必要ありません。1分で完了いたします。

 

 

~銚子の思い出~

 

銚子の伝統工芸「銚子ちぢみ」に挑戦した二人。もっと笑いなさい僕。

f:id:tamayuki1007:20170907201016p:plain

 

やる気?満々の2人。もしこの二人が医者だったら絶対闇医者でしょ(笑)f:id:tamayuki1007:20170907200509p:plain

 

銚子名物「ぬれ煎餅」作りを体験しております。大介さん手つきが慣れたもんだぜ…。

f:id:tamayuki1007:20170907200705p:plain

 

お酒をいただいて、ラジオ収録いたしました。危険行為連発で…。

f:id:tamayuki1007:20170907200612p:plain

 

編集後記

 

改めまして、全3回、和泉大介さんとの玉ラジを聞いて下さった皆様、本当にありがとうございました。いかがでしたでしょうか。僕は編集をしながら、記事をアップロードしてからも1人のリスナーとしての視点で大介さんとの話に耳を傾けていましたが、聞けば聞くほど大介さんの人柄のよさに気が付きました。自分の心にとても素直で、周りがよく見えてるのがひしひしと伝わってきます。ラジオにも顕著に出ていますが、収録時は僕の話の展開をちゃんと気にしながら話してくれてるところも印象深かった点です。まあ、そのおかげで僕のラジオパーソナリティとしてのスキルの無さもまた目立つ回になってしまいましたが…。ラジオで話してくださった内容もまた貴重なもので、同世代に生きる人間の背中として、僕らの選択の可能性を広げてくれたように感じます。大介さん、この度は玉ラジへのご出演、本当にありがとうございました。また玉ラジを撮るにあたりお邪魔した和泉家のみなさん、温かく迎えてくださったこと本当に感謝しております。今後の大介さんのご活躍、心から願っています。ありがとうございました。

 

(終)

気持ちの良い目覚めテクニック集

 

 

皆さんこんにちは

 

今日は12時に目を覚ましたタマザワです。

 

最近の悩みは一日が凄い短いと感じることです。

 

「え、もうよるなの!?」みたいな。

 

寝すぎたからって自己嫌悪に陥るとかはないのだけれど、やっぱりもっと一日を楽しみたい欲はあるんですよね。

 

でも、眠いのに気合で起きたくはない。

 

もう十分寝てこれ以上寝たくないと思って気持ちよく起きたい。

 

f:id:tamayuki1007:20170904173050j:plain

※目をパッチリ開けてこんな風に起きたい

 

自分でも思うくらい我儘なのですが、世の中3時間くらい寝てすっきり起きて動ける人もいるくらいですから、やってやれないことはないだろうと思ったわけです。

 

なので本日は、短い時間の睡眠でも、すっきり起きられる方法を調べてみました。

 

多分僕と同じ悩みを持つ人いるんじゃないかな~(笑)

 

少しでも参考になればいいと思います。

 

それではいってみよう!!

 

※ネットから情報を集めました。信憑性ありそうな情報を取ってはきてますが、信じるか信じないかは、あなた次第です。

 

【気持ちのよい目覚めテクニック①自己暗示】

 

目覚めたい時間を心の中で3回くらい唱えればいいだけなんですって。

 

「本当かよっ」って思っちゃいますが、電車で寝ているとき、降りる駅で自然と目が覚めたりする経験を思い返すと、あるかもしれないって思ってしまう(笑)

 

【気持ちのよい目覚めテクニック②レム睡眠中に目覚める】

 

これも言葉だけはよく聞きますよね。

 

睡眠には2種類あるそうで、完全に脳が眠っている状態であるノンレム睡眠と、眠りが浅い状態のレム睡眠があるらしいです。

 

起きるタイミングは、このレム睡眠の間が有効だということ。

 

レム睡眠が最初にくるのが寝てから2時間後で、そのあとは1時間30分周期でくるらいしいです。

 

だからタイミングとしては寝始めてから、2時間後、3時間30分後、5時間後、6時間30分後にすっきり目覚められるようです。

 

難しい専門用語(レムとかノンレムとか)が出てくると、とりあえず試したくなってしまう。

 

【気持ちの良い目覚めのテクニック③入浴のタイミング】

 

寝る2時間前くらいがいいらしいです。

 

入浴後の体温が下がるときに眠りにつくと、血液循環がよくなり、体がリラックスするみたいです。

 

どんな仕組みになっているんでしょね!(それを調べるのがお前だろ)

 

それと食事後の1時間30分後の入浴がベストとも書いてありました。

 

消化によって体温が上がるタイミングで入浴して、体の深部の体温がより上昇することで、入浴後の体温下降の際にスムーズに睡眠に移行できるようですよ。

 

【気持ちのよい目覚めテクニック④寝る前の準備】

 

寝るための準備とか歯磨きとシャワーしか考えたことなかったのですが、どうやらやってはいけないことがたくさんあるようです。

 

①激しい運動をしない

 

運動をして体温が上がると、メルトニンという睡眠ホルモンが分泌されにくくなってしまうそうで質の高い眠りが妨げられるのだとか。

 

3時間前には運動や筋トレはやめておきましょう。

 

(そもそもしてたひといるのか笑)

 

②テレビ、スマホ、パソコンは使用しない

 

「これ絶対無理ですよね!」と声を大にして言いたくなる現代人代表の僕なのですが、おそらく目覚めが悪い一番の原因はこれだと思います。

 

寝る前の1時間は避けて、本や雑誌を読みましょうだそうです。

 

読書習慣がついてよさそうですね。

 

(絶対できねー汗)

 

③寝る前の食事はしない

 

胃が活発に動いてしまって、体が眠らないそうです。

 

でも寝る前に限ってお腹すきますよね(笑)

 

食事も3時間前には終わらせておくほうがいいみたいです。

 

④カフェインを取らない

 

コーヒー以外にも紅茶とか色々なものにカフェインって含まれているみたいなので注意したほうがいいですね。

 

とりあえず水は安心ですよね?多分…

 

(テクニック以上)

 

こんなところでしょうか。

 

とりあえずこれを試してみて、案の定、起きれなかったらまた続編を書きたいと思います。

 

まあ、案の定と自分で言っている時点で起きなそうな気がしますがね…(それも自分で言うな)

 

気持ちよく起きたい皆さんも是非、試してみてね!

 

(終)

【玉ラジ第3回和泉大介編パート2】「地方から上京してしまう問題?いやいや、どんどんしていいと思う」

 

 

皆さんこんにちは。

 

銚子で食べたぬれ煎餅アイスが忘れられません、タマザワです。

 

さて本日も和泉大介さんをお迎えした玉ラジ配信していきますよ!

 

※大介さんが何者かを知りたい方はこちらからお願いします。

【玉ラジ第3回】和泉大介編パート1 - タマザワの日常

 

f:id:tamayuki1007:20170903224458p:plain

大吟醸「銚子の誉」を片手に大興奮する大介さん

 

パート2(全3回)の今回は、銚子アンバサダーの大介さんにズバリ「地域活性」について聞いてみました。

 

地域の過疎化をどう思っているの?/銚子の観光業はどうなの?/大介さんならどうやって地域活性する?…

 

などなど、とにかく質問攻めしました(笑)

 

勿論大介さん自身は地域活性の専門的な勉強はしたことがありません。

 

にも関わらず自身の経験と想像力を生かして出てくる大介さんの答えには本当に驚かされました。

 

逆に勉強したことないからこそ出る新鮮でリアルな回答だとも言えますが…

 

玉ラジがきっかけで、皆さんの興味の幅が少しでも地域という部分に広がれば嬉しいです。

 

それでは、どうぞ。

Dropbox - 大介さん② 地域活性について.wav

スマートフォンで聞く場合はドロップボックスアプリのインストールをお願いいたします。ただしアカウントの作成は必要ありません。1分で完了いたします。


地域に興味が湧いた方へ。

 

僕が地域活性に興味を持った時に読んだ本がとても面白かったので紹介させてください。f:id:tamayuki1007:20170904004831j:plain

 

それがこちらのデービッド・アトキンソン著作の「新・観光立国論」という本です。

 

東京オリンピック誘致に成功して、インバウンド事業(外国人観光客の呼び込み事業)がさらに活性化したときに注目された本なので、もしかしたら知っている人も多いかもしれません。

 

皆に読まれているから、それくらい良書ということもできるのですが、この本の一番の特徴は日本に20年以上住んでいるイギリス人アナリストが書いているところなんです。

 

まず日本人ではないからこそ、日本を客観的に見ることに成功していて、そしてアナリストだからこその分析で、様々な統計結果を原因から未来予想までわかりやすく解説してくれています。

 

なので、地域の人の声や、現場レベルの地域活性の知見が載った本ではないことはここで申し上げておきますが、それでも今の日本の観光事業の現状が簡単に頭に入る本になっています。

 

なので、興味のある方は是非、読んでもらいたい本です。

 

あ、東京近郊に住んでいる人は貸しますので言ってくださいね(笑)

 

(思い出)

 

大介さんのお宅にて。新鮮な魚介料理を前に猫背が治る僕。

f:id:tamayuki1007:20170904005312p:plain

 

銚子電鉄犬吠駅で駅長さんとの一枚。名物ぬれ煎餅も頂き、満面の笑み。

f:id:tamayuki1007:20170904005458p:plain

 

ぬれ煎餅抹茶アイス。ネタかと思って食べたらこの表情。美味しすぎ…。

f:id:tamayuki1007:20170904010051p:plain

 

銚子に帰りたくなってきた。

 

(終)

「世界は自分一人から変えられる」を読んで。

 

 

皆さんこんにちは

 

健康に気を使い始めて玄米を食べました、タマザワです。

 

さて本日は、一冊の本について感想を書きたいと思います。

 

その本がこちら。

 f:id:tamayuki1007:20170903190445j:plain

著者である阪口竜也の半生を語った「世界は自分1人から変えられる」という本です。

 

阪口さんは環境破壊、貧困問題をビジネスで解決しようと今この瞬間も頭を働かせ続けている人です。

 

「100年後、今の地球がこれ以上酷くならないために。」

 

「自分の子供の頃の幸せだった時間を取り戻すために。」

 

それが阪口さんが本で語っていたビジネスをする理由でした。

 

読んで思ったことは、「この人は傍から見たら変人に見えるんだろうな~」ということ。

 

そして「でも阪口さんが思っていることは僕らの大多数が心の中で思っていることと同じなんだろうな」ということ。

 

だから凄い共感できる箇所がいっぱいでした。

 

「思っていることが行動に結びつくのか、結びつかないのか。

 

その差が、生き方の差になる、人生が充実するかしないかの差になる。」

 

そんな風に感じたんです。

 

とは言っても行動することって物凄い大変ですよね。

 

僕は遊びに行くフットワークの軽さは異常だけど、ビジネスとか仕事とか今後に関わることになるとめっちゃ重いので大変さが身に染みてます(笑)

 

読む限り、阪口さんはきっと子供の頃に、親をはじめ周りの大人から何かを強制されることがなかったんじゃないのかなと思いました。

 

だから子供のころに抱いた思いや疑問を、そのまま大人になっても持ち続けてられるし、人の目とか気にせずに自分の心の声に素直になれるんだろうなと。

 

あいにく、僕たち全員がそういう環境で育ってはいません。

 

むしろ何の強制もしてこない大人に囲まれて育つ人の方がまれだと思います。

 

でも、阪口さんの生き方を見て、「出来るか分からないけど行動してみようかな」と規制の中で育った僕も漠然とそんな気分になりました。

 

そしてまた、「お金に人の幸せはない、人との関わりあいの中にある」という言葉になんとなくですが、人生の本質に少し触れかけた気がしたのでした。

 

その触れた実感を、確かなものにするために、僕も一歩を踏み出せたらいいな…。

 

興味があれば、是非調べてみてくださいね」!

 

てか、東京近郊にお住いの方になら貸すので興味があれば言ってくださいね(笑)

 

(終)