タマザワの日常

タマザワのリアルな本音を吐き出します

経済成長をするデメリット?

 

 

皆さんこんにちは

 

フィリピン旅行で日本の豊かさと貧しさを再確認したタマザワです。

f:id:tamayuki1007:20170827112000j:plain

※画像はフィリピンで見学したツボ工場での写真

 

「格差」

 

この言葉を最近よく目にするようになりました。

 

それをよく表している図がこちらです。

 

f:id:tamayuki1007:20170827112144j:plain

※手書きで見ずらいですがご了承ください。

 

この図は、アメリカと日本の上位1%が占める全体の所得シェアの図です。

 

アメリカ上位1%が全世界の19%の所得を持っており、日本の上位1%が9%の富を持っているということです。

 

この富の集中は近年さらに激しくなっているようです。

 

この現象が顕著になったのは18世紀から19世紀におこったイギリスの産業革命です。

 

産業革命により幾多の人々は物質的な貧困から救われることになりましたが、その恩恵を受けられたのはヨーロッパ、北米などの一部の国であり、欧米諸国と他の国の間には大きな格差が生まれたのでした。

 

地球全体で見れば飛躍しましたが、産業革命以前と後を比べても全く変わらない、むしろ後退している経済もあるということです。

 

富はないよりあったほうが絶対に良いと断言します。

 

しかし、それを追い求めるあまり他を取り残すことが自分の幸せに繋がるのかは疑問に感じることです。

 

富を持つものに富が集中する仕組みの中で、いかに富を分配する仕組みを作れるか。

 

格差という溝で隔たれた国同士でいかに対等にビジネスをするか。

 

もし、格差をなくすことが自分たちの幸せに繋がることだとしたら、それを考えていかなくてはならないような気がします。

 

とにかく、何が言いたいかと言えば、日本のお風呂が最高です。(それな)

 

(終)